家族にばれないカードローン

クレジットカードのリボを使って良かったこと悪かったこと

リボ払いの利用方法

家族にバレずにお金を借りようと思ったとき、手持ちのクレジットカードでリボルビング払い(以下、リボ払い)を利用する方法があります。

ショッピングをリボ払いにするだけでなく、ネットやATMでキャッシングしてリボルビングで返済することもできるのでいろいろな用途で使えます。

アンケートでリボ払い経験者30人に利用目的を聞いたところ、以下のような回答でした。

返済は引き落とし口座から自動で行われ、ネットやATMから繰り上げ返済することもできるので周りの目を気にせずに完済できます。

ほとんどのカード会社で、WEB明細を利用することができ、明細が郵送されてくる心配もありません。

リボ払いのメリット

リボ払いの代表的なメリットは「大きな買い物をしても、少ない支払い額で月々返せる」ことでしょう。

預貯金がなくても高い買い物ができ、返済は毎月5千円や1万円といった小額に設定することができます。

上手く利用すれば、時間があってお金がない人が習い事をしたり、一時的に収入が少ない人が将来の給料を前借するような形でものを買うことができます。

また、簡単に利用できるので、ピンチのときすぐに役立ちます。

以下に実際にリボを使った人の意見をご紹介します。

分割で月々無理なく返せる
「使いすぎた月も引き落としの額は決まっているので、生活設計が立てやすいです」(香川県/30代/男性)
「毎月、定額支払いと金利手数料で済むので、5千円ちょっとの支払いで済んでいます」(石川県河北郡津幡町/40代/女性)
「余裕がある月には増額して返済する事も出来るので、自分なりの返済計画が立てられます」(兵庫県神戸市/30代/女性)
貯蓄がなくても大きな金額を扱える
「貯蓄がないにもかかわらず、入学金の支払期限までの短期間にお金を用意できたことが最大のメリットでした」(東京都大田区/50代/男性)
「急にくる出費が高額な場合や困った時も助かりました」(青森県青森市/30代/男性)
「貯金しないと買えない様な高価な商品を買えたことです。長く使えるバッグも買いました。物欲が、満たされました」(佐賀県佐賀市/30代/女性)
簡単に使える
「どうしても必要なお金がネットの簡単操作ですぐ通帳に振り込まれるので、急な支払いの時などにも本当に助かっています」(和歌山県和歌山市/30代/女性)
「インターネットからも申し込みができて、申込み後にすぐ反映されました。支払い前にギリギリでも申し込みが出来たので便利でした」(東京都渋谷区/40代/男性)
「申し込めば即日で口座振り込みしてくれるので手軽に利用できるし、足りなくなったらいつでも借りられるという安心感が気を楽にさせてくれました」(大阪府大阪市/30代/女性)

リボ払いのデメリット

リボ払いのデメリットはしっかり把握しておく方がいいでしょう。ちゃんと利用しないと家計の破綻や自己破産を招くことになります。

リボは借りたお金の元金と手数料を返していくことになります。「手数料」とういう表現のカード会社が多いですが実質「利息」です。

借りたお金が多くなればこの「手数料=利息」の額も大きくなりますが、月々の返済額を低く抑えているため、ほとんど手数料の支払いに当てられ元本が減らない事態になります。

さきほどのメリット「分割で月々無理なく返せる」が完全に裏目に出ています。

また、簡単に利用できて毎月の返済額が少ないので、大金を借りている感覚が薄れて次から次へ買い物してしまうリスクもあります。総返済額と元本の差を見てびっくりする人も多いです。

以下に実際にリボを使った人の意見をご紹介します。

金利が高く元金が減らない
「金利が高いです。月々の支払金額を低く抑えられるメリットがありますが、その分いつまでたっても支払いが終わりません」(岡山県岡山市北区/50代/男性)
「リボ払いの定額を低めに設定していたので、返済回数が多くなり利子を何回も払わなくてはいけなくなったので少し後悔しました」(富山県黒部市/20代/女性)
「支払額は『元本プラス利息』となり、『残高』が多いと『利息の金額』も多くなり、だんだんと支払いがきつくなってきます」(東京都狛江市/40代/男性)
金銭感覚がマヒする
「支払いが後回しに出来るので癖になり小さな金額の買い物でもリボ払いの利用回数が増えてしまいました」(北海道札幌市/20代/女性)
「リボ払いを利用することに慣れてしまうとついついカードを使ってしまいがちになりますので、前より支出が増えました」(奈良県香芝市/20代/男性)
「余りにもカンタンに借りられるので、借りることへの後ろめたさや危機感が薄れてしまいました」(兵庫県宝塚市/40代/男性)
返済額の合計にびっくりする
「完済した後、どれだけ払い込んだのか計算してみてビックリしてしまいました。返した金額と元金では結構な開きがあった」(新潟県上越市/40代/男性)
「一括で払うより、どうしても多く払わなければならなくなる」(滋賀県長浜市/40代/男性)
「明細をみてみたら最終的な返済額が何千円も上がっていて、自分が使った額よりかなり多いことにあらためて驚いてしまいました」(東京都世田谷区/30代/女性)

リボ払い使うときに注意したいこと

リボはうまく活用すると本当に便利なサービスです。あなたの生活を豊かにしてくれるでしょう。

しかし、リボは借金であるということを忘れてはいけません。返済能力以上に借りてしまうと必ず破綻します。

「リボは年に何万円まで」とか「いつまでに返す」というようなマイルールを作り、計画的に利用することが大切です。

それができない、あるいは自信がないなら一括払いかクレジットカードの利用はやめましょう。

急な出費に対応するために1回だけリボ払いを使う場合はあまり問題ないですが、継続的に生活費の補填をするような使い方は自己破産の第一歩です。

「リボを使って良かったこと悪かったこと」アンケート一覧

リボを使った人に答えていただいたアンケートの一覧です。人の経験から学べることは多々ありますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

基本的にインターネットから審査申し込み、無人契約機で契約してカードを受け取ると家族にばれずにキャッシングできます。

ちなみに学生は家族にばれます。親御様の同意が必要です。

安定した収入がある方はモビットの【WEB完結】がおすすめです。電話連絡がなく、無人契約機にカードを取りに行く必要もありません。

はじめてキャッシングする方はプロミスです。初契約の方だけが30日間金利0円で借りられます。